Irish guitarist's blog in Nagoya

アイルランド音楽の企画、演奏をしています。名古屋を拠点に活動中。



11/21(sat) 19:30〜
kumamoto&satoshi Shamrock Live 

おかげさまでたくさんのお客様に来ていただきました。
kumamotoくんを関西から招待してのふたりライブ。
次回は、関西のバウロンプレイヤーも加えて、3人でとある企画を進行中です。
 

11705233_855948054501101_7498962504362401788_n IMG_1807

tipsipúca+ "Growing" 発売記念ツアー! in 名古屋


出演 tipsipúca+ 、kojikojimoheji&satoshi

日時 8月31日(月)
会場 7時      開演 7時30分 (終演は、9時20分頃を予定)
チャージ 2000円(+1drink)
学生の方は、1500円(+1drink)当日学生証提示
場所 空色曲玉 http://www.soratama.com/
予約はこちらまで    irishmusic.nagoya@gmail.com
前半は、kojikojimoheji&satoshi
後半は、tipsipúca+のステージになります。


tipsipúca+(ティプシプーカ プラス)
高梨菖子:ホイッスル、コンサーティーナ
酒井絵美:フィドル
中村大史:ギター、アコーディオン
熊谷太輔:パーカッション

アイルランドの音楽をバックグラウンドとして楽曲を手がける高梨菖子(ホイッスル, コンサーティーナ)と、
その楽曲に独自のセンスで命を吹き込む酒井絵美(フィドル)によるデュオ、tipsipúca。
様々なジャンルで活躍するミュージシャン、中村大史(ギター, アコーディオン)と熊谷太輔(パーカッション、ex. ZABADAK)が加わり、より広がりのあるサウンドに
ユニット名は、英語で「ほろ酔いの」という意味の言葉 “tipsy” とアイルランドの妖精 “púca” をくっつけた造語。
2014年9月にミニアルバム「tipsipúca+」を発売(非流通盤)。
2015年6月にフルアルバム「Growing」を発売

kojikojimoheji&satoshi
同じ高畑町内に住むアイリッシュフルート吹きとギター弾きでユニットを組みました。プロフィール等詳細は後ほど、UP予定。

CD_tt
関西で活躍中のNEKO MODALの録音に参加しました。
私は3曲ほどガットギターとエレアコを担当しています。
フルアルバムは今回が最初だと思うので、ぜひ全曲早めに聴いてみたいです。
ジャケットの絵は、多才なフィドル弾きの井上くんがデザインしました。
CDは5月にリリース予定とのこと。とても楽しみです。

詳細はこちらにて。
http://www.nekomodal.com/tuneful_tunes/

P1010017
名古屋の覚王山にある、揚輝荘。
とっても素敵なこの場所で、tricolor 名古屋ライブ〜旅にまつわる物語〜を開催しました。昨年末にアニーさんからこの話をいただき、演奏場所を見つけるところからスタート。だけれども、早々に探していて見つかった、この場所を見学した時に、ここしかない!と興奮しました。

そして、いよいよ3月28日(土)がやってきました。

私たち弦月三重奏は、先に本山のカフェ 薬草labo.棘へ。
3年ほど前に、O'JizoとGreenoreのライブを企画させていただいた古民家のカフェ。
野菜の美味しさをじっくり味わいながら、庭をぼーっとみる時間も楽しいものです。
 P1010132P1010133
 P1010125
 アニーさんたちは、忙しいなか、東京から車で夕方到着。
みんなで準備がはじまります。イベント会場は、揚輝荘(南園)の多目的室です。
インド様式の飾り付けなど、異国情緒溢れる場所です。
IMG_1869_2

まずはトップバッターで、私たち弦月三重奏。
P1010137
アイリッシュハープを演奏する長屋さん、4月は東京のアイリッシュハープフェスに出演予定です。そしてフィドルの井上くんが参加するNekoModalのCDもセカンドがもうすぐ発売予定。

さて、休憩時間の間にtricolorのセッティング。
ほんとはここで、緞帳を下ろす予定が、忘れてました。
手動の素敵な緞帳があったのに…。
ちなみに、こんな感じの緞帳です。次回こそは、使いたい、この緞帳。
手動でからから回したかった。
11102867_797179510377956_2849135117658043263_n

さて、いよいよtricolorさんです。名古屋での記念すべき初ライブ!
P1010150
今回は4thアルバムの曲を中心にやってくださいました。NHKのドラマ「マッサン」の劇中曲を始め、大活躍中のtricolor、さすがの演奏です。そして曲が進んでいくほどに、お客さんの盛り上がりが伝わってきます。この名古屋を皮切りにして、ツアーがはじまっていくとのこと。

後半は、tricolorの楽曲「last autumn」をみんなで演奏しました。
楽しかった。
P1010155
長尾さんのテナーバンジョー、素敵だった。やっぱりアイリッシュのバンジョーっていいね。夏にはブズーキが届きますが、久々にテナーバンジョーも弾きたくなってしまいました。そういえば、名大ブルーグラス研に預けた5弦バンジョーはよい感じで演奏されているかな。

夜は、高畑のJIJIにて打ち上げ。こういう一日を企画した後のこういう時間が楽しいものです。来ていただいたお客様、揚輝荘、tricolorの皆様、井上くん、りささん、手伝っていただいたスタッフの方々、ありがとうございました!!

3月7日(土)は、アイルランドのお祭り、セントパトリックスデーパレード伊勢が開催されました。INJ伊勢の実行委員長である河口さんをはじめ、多くの人々の熱意で一年ぶりの復活です。
今回は、パレード前に伊勢神宮下宮の舞台で奉納演奏があり、その前に駐日アイルランド大使や関係者、音楽家で特別参拝を行いました。こういう場所にくると、特別な心持ちになります。
IMG_1859_2 IMG_1860_2
IMG_1854_2
伊勢神宮での特別参拝を終え、いよいよ奉納舞台での演奏です。まずは伊勢市市長と、アイルランド大使のスピーチ。 その後、演奏家の奉納へと続きます。大使は、明治時代に日本を愛したアイルランド人、小泉八雲について述べられていました。ちょうど、次の日は、小泉八雲が晩年を過ごした出雲の国でセントパトリックスデーパレードが開催され、大使も訪れたそうです。





スピーチ後は「君が代」「アイルランド国歌」が披露され、
その後、ガイタの演奏が続きます。
IMG_1849_2 
IMG_1850_2
私たちのバンドは、スペシャルゲストに、アニーさんと井上くんを加え、アイルランド音楽のダンス曲を中心に演奏しました。
IMG_1856_2
演奏終了後は、神様、そして聴いていただいたお客様にお礼。
IMG_1839_2
奉納演奏が終わったあとは、セントパトリックデーパレードが始まります。アイリッシュウェザーのなか、伊勢市の中心をアイルランドのナショナルカラーである緑を身につけた人たち音楽を演奏しながら歩きます。
IMG_1867_2
多くの方に、アイルランドの国の文化を知ってもらうこのお祭り、日本でも東京の表参道をはじめ、各地で開催されています。ギネスが好きなひとにとっては大分馴染んできたイベントかもしれませんが、これからきっと日本にも馴染みのあるイベントになっていくと思います。





 

このページのトップヘ